探偵の勤務時間

探偵はクライアントから依頼があればすぐにでも実行にうつします。
浮気現場、人さがしなどなど、時間や曜日や場所にかまわず足を運びます。
ですから探偵の勤務時間は一定ではないです。

また、調査が長引くと残業は多いです。
時間帯もまちまちですので、勤務体系は様々です。

つまり探偵という職業に必要な要素は、「体力」「忍耐力」です。
体力勝負の世界ですので、持ち前の根性も必要とされます。

勤務体制は基本的に1日8時間労働ですが、これは建前上でありまので、探偵になりたいと思っているかたは、そのあたりのことをしっかり肝に銘じておきましょう。
また危険と隣り合わせですので、護身用として武道(空手や柔道など)を身につけているといいかもしれません。
日本においては治安がいいので、危険性に遭遇することは少ないですが、危険性を感じた場合を考えて自分に自信を持っていると、自分という人間に勇気と行動力が備わります。
このことは探偵にとって必要なことなのです。

クライアントの要望をかなえるときの充実感は、探偵になってみないとわからないものかもしれません。

 

浮気調査・素行調査の依頼なら大阪の探偵ハッピートランプ難波へ
http://trump-namba.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です